topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院にて思うこと。 - 2012.06.01 Fri

先週の金曜日

れんちゃんがワクチンを打つために半日入院した日に

駆け込みでほんとうに小さな子猫ちゃんと

一緒になりました。

あ・・・れんちゃんをお迎えしたときくらいに

小さな子猫ちゃん。

どうやらご飯を食べないらしく心配顔のオーナーさん。

でもとても元気に

ミャーミャー鳴いていたので。

・・・・

今日。

朝一番にぷんちゃんのケアのために

動物病院に着くと看護士さんが大慌てで

オーナーさんの車からその子猫ちゃんが入っている

キャリーを処置室に運んでいた。


・・・

受付には担当の獣医さんのお名前で

【緊急処置中のためお待ちの患者様はお時間が掛かります・・・】

という立て札。

ちょうどれんちゃんが2ヶ月だったときに同じような

駆け込み方をしたのを思い出しました。


手のひらに乗るくらいの大きさ。

ご飯を食べない・・

そうだったな。


少ししてから朝一番に処置をしていた獣医さんと

話す機会があった。

どうやら今日は先週の金曜日よりも元気がなくなったとか。



体重コントロールということは確かに外観や健康管理のために

特に小型犬ちゃんのオーナーさんの中でも

気にかけて日々チェックをされている人も多いと思います。


けれどもその片隅で

もう一つの意味での「体重コントロール」を命がけで

頑張っている仔たちもいるんだと私は自身の体験を振り返って

思います。どれだけ大変なことか。

小さな仔で少々食欲や胃腸にハンディーがある仔にとっては

数グラムが命取りになりかねません。

逆に100グラム体重が増えたことで繋がる命も

受けられる処置の選択も増える場合があります。




子猫ちゃんのオーナーさん目頭を抑えて

男泣きをこらえておられる姿を見ていて

心が痛くなりました。


同じような立場にかつて立たされて

まだ意思の疎通もなにも出来ないかれんに対して

まったくの無力だった自分と重なりました。


体重をどうやって増やそうか。

どうやって胃に食べ物を届けようか。

これは小さな仔の最初の関門かもしれません。


頑張れ子猫ちゃん。

次は待合室で会いたいな。

ミャーミャー鳴いている声が聴きたいな。


先日私のブログを読んでくれたお友達ママが電話で

話してくれました。

彼女のお家のチワワちゃんもオチビちゃん。

ついつい「小さい=可愛い」という安易な気持ちで

小さな仔を見ると「小さくて可愛いね~」と声を掛けてしまいがちだったとか。

ある日のこと。

同じように小さなチワワちゃんのオーナーさんと

お話したときに言われたそうです。

「小さいから大変だったの・・色々苦労も多くて・・・」


はっと我に返ったと言ってました。

小さなチワワちゃんは誰から見ても可愛くて

その存在だけで愛らしくて。


でもそうじゃない場合もあるんですよね・・と

語ってくれました。

そうかもしれない。

いえいえ・・確かにそうだ。


今日の子猫ちゃんもまだまだたくさんの夢を見なくちゃいけない仔。


だから今を越えなくちゃいけない。



うちの獣医さんは体重計の数字も大事かもしれないけれども

その仔に適切な「体格」や「骨量」がもっと大事だと

おっしゃいます。


私もそれには同感。


骨量ある仔というのは体重も見た目よりも案外とあったりする。

うちのぷりかれはそのタイプ。


首の骨格が弱いれんちゃんは

コンドロイチンを今頑張って飲み始めています。

ぷんちゃんも予防のために一緒に。


ぷりんは病気を

かれんは小さな身体を

それぞれ乗り越えつつ今があるのは奇跡的なことなのかもしれない。


・・・



5月31日は初代カレンちゃんのお誕生日でした。

虹の橋を渡らなければ4歳でした。

76日なんて短すぎる。


短い命を燃やしてしまう仔もいる。

懸命に命を繋ぎとめようとする仔もいる。

今子猫ちゃんは先週れんちゃんが入っていた保育器の中で

闘ってる。


何が大事なのか。

その仔に何が大事なのか。

毎回そんなことを考えさせられる通院になります。




かれんはベビちゃんの頃からずっと立て抱きにして

背中をさする所作を好みました。

だから今もね

つい立て抱きにしちゃいます。


いつまでも私の中では時間が止まっています。

それだけ記憶も鮮明です。



ぷりんはベットの中で闘病する時間が長かったので

抱っこよりも自分のベットを好みます。

だから今も

お膝の上や腕の中よりも

ベットで横になるのが大好きです。




二人が今を懸命に生きることへの感謝と

自分がこれまで歩んで来て得た気持ちや

学んだ思いというものを

綴らせてもらいました。




頑張って体重を増やして元気になったぷりんと

今もたくさん食べて成長中のかれん。


それでいいんです。


我が家的にはもう一つの意味での体重コントロールに

今も必死です。






アイドルの曲ですが光る歌詞があります。


「見かけじゃなくて心を抱いて・・・」

そのとおりだと思うんです。

数値や外観じゃなくて心だと思うんです。

心を育てるために命をつながなくちゃいけないんです。

それに尽きるんですよね・・

● COMMENT ●

1. 無題

病院で出会った子猫ちゃんを見て
いろんなことを思うママさんの気持ちが
いっぱい伝わってきました。
本当にそうだなとママさんの気持ちを読ませてもらい、すっごく思いました。
大切な生命を精一杯生かしてあげることができるのは私たちの役割なんですよね。
いろんなことを受け入れわかってくれるママさんでぷんちゃんとれんちゃんは本当に幸せな子ですね。
一生をママさんのおうちで過ごすぷんちゃんとれんちゃんは本当に幸せな運命のもとに命を授かったコですねっ♪

2. 無題

そうなんですよね。
適正な体重としてみていかないとなんですよね。


なかなか体重管理は難しいですけどね^^

でも・・・

小さいからちわわは可愛い、わんこが可愛いっていうのは少し悲しくなりますよね。
どんな子でもかわいいですよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karenchan118.blog26.fc2.com/tb.php/2636-60d2e388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まったりな日常 «  | BLOG TOP |  » おはようですー

プロフィール

プレリママ

Author:プレリママ
可愛くて仕方がないぷりん・かれんそして舞い降りた天使のかりんとの毎日がライフワークの専業主婦です。。
ハンドルネームも新しくなりました。「プレリママ」です。

イメージソング♪

東京ディズニーランド ディズニー・プリンセス・デイズ
16_ジッパ・ディー・ドゥー・ダー(スプラッシュ・マウンテン)
東京ディズニーランド ワンマンズ・ドリーム
イッツ・ア・スモール・ワールド BGM
オカリナ 宗次郎 / 星に願いを - 世界のうた こころのうた1 -

連続ランダムRaQoo検索

Twitter...

Comments...A

<>+-

プチ月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プレリママへお手紙ください♡

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。