FC2ブログ
topimage

2020-02

あの雪の日から・・・ - 2013.01.19 Sat

ある年の1月18日京都駅に

小さなお姫様が降り立ちました。

待ちに待ったぷんちゃんの新しい家族をお迎えした日

1月18日はかれん姫のセカンドバースデーです。

パピーのまんま時間を止めちゃったかれん姫

attachment01.jpg

ほんとうに可愛い仔です。


ぷんちゃんのために生まれて来てくれたのかもしれない。

ぷんちゃんはその日を境にどんどんと元気になってくれて。


奇跡的なことがたくさん起きたのもかれん姫を

お迎えしてから・・・

attachment02.jpg

コケティッシュという言葉の意味がようやくわかった・・・


かれん姫という響きはお友達がよく使ってくれるのですが

その心地よい響きが今はとても好きです。


そして気がついたこと。

かれん姫は家族以外の方にはなかなか心を開かない

お仔チャマです。

ぷんちゃんのように誰とでも陽気に楽しく・・・

というわけには行かずに当初はそんな社会性のなさを

何とかしなくちゃ。。と私も色々考えてしまいました

けれども・・・・。

違うんですよ。

そうじゃないんだということにようやく気がつきました。


よく考えてみたら。

しっぽの輪のパーティーの時も

お友達とお茶会をする時も

かれん姫なりに一生懸命に小さな頭で考えて

気持ちイッパイに頑張ってくれている。

健気に・・。

attachment00.jpg


病院の待合ではガタガタと震えながらもなんにも

無理も言わずに待ってくれている。

ぷんちゃんがねんねしていると遠くから眺めて

いつの間にか自分もねんねしてしまっている。

自分の居場所をちゃんとわかっているね。

こうしてパパがおうちに居るときはほんとに甘えん坊してる。

「おとなしい」性格。

我が家の静かな時間の中にそっと溶け込んでくれたかれん姫。

ぷんちゃんと一緒に暮らす中でちゃんといろんなことを

自分で学んでくれたような気がするんです。

そうしているうちにね・・・


「れんちゃんのことが好き!」と心から

思えるようになってぷんちゃんと同じように愛しいな・・と

思える自分に気がつきました。

attachment03.jpg


大好きよ~ってみかんの大きさのおでこに(*´・з・`*)チュッ♪

かれん姫の個性を最大限に理解できる家族であろうと

思います。

かれん姫らしい毎日を安心して過ごせる環境を

作るのが私の役割だと感じています。


そして小さな歩幅の歩みを誰よりも褒めて認めてあげなくてはと

思います。生涯に渡ってこの仔の毎日を

大切に見守りたい。慈しみたいと思っています。


我が家に来てくれてほんとうにありがとう。


れんちゃん。

__.GIF

ぷんちゃん共々これからもれんちゃんのことも

よろしくお願いいたします。


麗しの2ショット~~☆彡 - 2013.01.18 Fri

昨日更新しようと思っていたお写真を。


attachment03.jpg


ぷんちゃん~~?

れんちゃ~~ん?

ご機嫌に室内でぽかぽか生活満喫中。

お顔ちっちゃすぎなの~~れんちゃん。

ぷんちゃんが夏みかんならば

れんちゃんはみかんだね。

attachment00.jpg

れんちゃんも寒がりさんだけれどもおひさまたっぷりのお部屋で

まったりと過ごすことが大好きです。

同じように暮らしていると性格はそれぞれに

個性もそれぞれですが「生活習慣」って

似てきますよねぇ。

attachment04.jpg


ねっぷんちゃん。

なんでもぷんちゃんを見習っているのかもよ・・・れんちゃんは。

よいお手本になってくれてサンキュ☆彡

感謝しているよ~。


attachment02.jpg

お互いの存在がこうして大事大事で・・・

なくてはならない存在になれていることって

幸せなことだよね。

attachment00.jpg

私はこの四つの愛らしい瞳と

麗しい2ショットに癒されているんだよね。


ありがとね~。


愛情ものがたり - 2013.01.15 Tue

ぷんちゃんにとって特別な人。

どんな時も諦めずに根気よくぷんちゃんと向き合って

ベストな状態をキープすることに力を尽くしてくれる

頼もしい獣医さん。

__.JPG

最初の言葉は覚えてる?

ぷんちゃんが最初に体調を崩した時に

獣医さんが私に言った言葉。

「心配かけてごめんね・・・・」

だったよね。

これはぷんちゃんの言葉を獣医さんが代弁しているかのように

私にはダイレクトに届きました。

そうだ・・・私が心配顔を見せるときっとぷんちゃんも

「ママごめんね・・・」って思うのかもしれない。

そしてもう一言

「この子はこれからいろんなことがあるかもしれないけれども

一緒に頑張ろう・・・」


だったよね。

いつだってどんな時にでも

私の気持ちも深く察してくれる獣医さんは人としても

尊敬できる人なのです。

「大丈夫だよ・・・・」

この言葉に何度も何度も救われて

事実、ぷんちゃんは日々日々元気になってくれました。

的確なケアと絶妙のタイミングで最新の治療を提案して

くださる獣医さんと副院長の奥様はホメオパシーを担当されている

獣医さんなのです。

お二人には我が仔たちはほんとに助けていただいています。

旅行に行けるようになってからも

出発前に十分なケアをしてくれて

万が一のためにいつも点滴をしてからお出かけします。

その点滴を獣医さんは

「ぷりんの力水(ちからみず)」と呼んでいます。

環境が変わって体調を崩さないようにとホメオパシーを

念のために処方してくださるのは副院長先生。

「ぷりんとかれんの魔法のラムネちゃん」とは

小さな粒のホメオパシーのことです。

そして旅先から真っ先に向かうのはもう一度獣医さんのところ。

全てに深い愛情を感じて私まで嬉しくなることが多い獣医さんです。

愛されている・・ってほんとうに思います。

折に触れてわたし自身にも温かな労いの言葉をかけてくださる・・

ぷりんのことを辞書のようになんでも紐解いてくれるのも

この獣医さん。



ぷりんと心を通わせて何よりも強い絆で結びついているんだな・・・と

診察中の様子を見ていて感じます。

attachment00.jpg


クオリティーライフ=QOLという言葉の意味を

毎日の暮らしの中で実感しながらぷんちゃんとれんちゃんを

育てることに今大きな意味を感じるのです。

この子達を育てられることに感謝したくなるほどに

いろんなことがあったけれども毎日が有意義です。

まさにそれこそ

獣医さんとぷりんの愛情物語。



病気が運んだ四葉のクローバーだね。


ホタテのガーリック風味 - 2012.12.24 Mon

ホタテのガーリック風味 SnapDish 料理カメラ
via SnapDish 料理カメラ

サーモンとじゃがいもの豆乳グラタン - 2012.12.11 Tue

サーモンとじゃがいもの豆乳グラタン SnapDish 料理カメラ
豆乳でとろーんと仕上げました。 via SnapDish 料理カメラ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

プレリママ

Author:プレリママ
可愛くて仕方がないぷりん・かれんそして舞い降りた天使のかりんとの毎日がライフワークの専業主婦です。。
ハンドルネームも新しくなりました。「プレリママ」です。

イメージソング♪

東京ディズニーランド ディズニー・プリンセス・デイズ
16_ジッパ・ディー・ドゥー・ダー(スプラッシュ・マウンテン)
東京ディズニーランド ワンマンズ・ドリーム
イッツ・ア・スモール・ワールド BGM
オカリナ 宗次郎 / 星に願いを - 世界のうた こころのうた1 -

連続ランダムRaQoo検索

Twitter...

Comments...A

<>+-

プチ月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プレリママへお手紙ください♡

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する